マヌカハニーの効果

抗菌作用、抗炎症作用の強いマヌカハニーには、創傷再生促進効果があるという研究結果があります。

 

ちょっとした傷ならマヌカハニーをひと塗りしておけば皮膚組織の再生が期待できるというわけです。

 

 

登山などのアウトドアにも栄養源や応急手当に使えるとマヌカハニーを持っていく人も多いそうです。

 

 

ほかにも整腸作用やコレステロール値の低下、やけどなどさまざまな症状への効能が報告されています。

 

マヌカハニーの効果は?記事一覧

ピロリ菌を殺菌

ピロリ菌は胃にすみつく細菌で慢性胃炎や胃潰瘍、胃癌の発生の原因になります。WHO(世界保健機関)は1994年に「ピロリ菌は胃がんの発がん因子である」と認定し、2014年には国際がん研究機関とともに「胃がんの80%はピロリ菌感染が原因であり、除菌によって胃がん発症の30〜40%減らせる」という報告をま...

≫続きを読む

虫歯予防

はちみつ=甘いということから「歯に悪いのでは?」というイメージをもつ方も多いかもしれません。白砂糖の糖分は虫歯菌(ミュータンス菌)が好む「ショ糖」ですが、はちみつの糖分は主に「ブドウ糖」と「果糖」です。これらは、エネルギーに変わりやすく栄養補給に適しているだけでなく虫歯になりにくいと言われています。...

≫続きを読む

風邪やインフルエンザの予防

マヌカハニーは風邪やインフルエンザウイルスの増殖を抑制するという研究結果が出ています。特有成分のメチルグリオキサールによる抗菌作用や抗炎症作用がさあざまなウイルスを撃退してくれます。風邪にかかりやすい時期、子供の受験時期などにマヌカハニーを用いることで、予防が期待できます。天然の食物なのであまり薬を...

≫続きを読む