偽装されたマヌカハニーがあるの?

まず、一般的にマヌカハニーは抗菌作用が高いものの方が値段が高くなります。

 

 

 

なので、実際に基準を満たさずラベルを偽装したものや、メチルグリオキサールという成分などを人工的に添加して売られているるものもあるようです。

 

 

 

 

あとは、抗菌作用のあるメチルグリオキサールという成分が加熱によって増えるため、過度に加熱処理している業者もいるそうです。

 

高い抗菌作用があるほうが消費者にとってはメリットがありますが、このメチルグリオキサールは反応性が高いので、消費者の手元に届くころには抗菌性が変化して減少してしまうことが多いんです。

 

 

 

 

 

実際にマヌカハニーを分析してみると、メチルグリオキサールをはじめレプトスペリン、メチルシリンゲートなど含有量は商品によってさまざまです。

 

ラベルに「マヌカハニー」と表示されていても、純粋なマヌカハニーは少ないんです。

 

 

そのためニュージーランド政府は認識表示の厳格化を進めています。

 

 

 

マヌカハニーは一般的なはちみつと比べて値段が高いため、業者がリスクを冒してでも偽装したがる食品と言えます。

 

 

そのせいで、実際の生産量に比べて消費量のほうが多いという報告があります。

 

 

 

偽装品を買わないためには、信頼のおける専門店や有名デパート・スーパーで購入するのがおすすめです。